ライズ不動産

売却前にリフォームは必要でしょうか?

売買物件情報 賃貸物件情報

売却前にリフォームは必要でしょうか?

売却前にリフォームは必要でしょうか?

2022/05/02

却前リフォームは必要でしょうか?

 

「リフォームを売却前にしておけば、良い値段で売れるのではないか」 「リフォーム代は、価格に上乗せして売却すれば、かかった費用は回収できるのではないか」と考え、大規模なリフォームの検討される売主様は少なくありません。でも、販売価格が高くなり、売れにくくなってしまうこともあるのです。

 

中古戸建住宅の価格はどうやって査定するの?

 (公財)戸建住宅査定マニュアルでは、売却する住宅と同じ建物を、今建てた場合の新築価格をもとに、経過年数やリフォーム等の維持管理状況等を踏まえて、現在の建物価格を求めます。

 査定額には、経過年数が大きく関わり、年々価値が低下していきます。どれだけ費用をかけて建てた住宅でも、築10年では何パーセント低下、築20年では何パーセント低下という具合に、機械的に査定されます。

また、過去のリフォームは修繕・維持管理状態として反映されますので、全く行ってない場合より査定にはプラスですが、リフォームから年数が経過していたり、住宅の状態があまり良くない場合は、プラスも金額的にはあまり期待できません。

 また、売却前の高額なリフォームの場合は、その費用を回収しようとすると、当然ながら販売価格が高くなります。

 

購入後にリフォームをしたいという人も多い

 最近、「築年数が古く安い中古住宅を購入して、自分にとって心地よい住まいの空間創造のためリフォームやリノベーション」を希望する人が、若者を中心として増えています。

 そんな「自分にとって心地よい住まいの空間」を創造したい人が、最近リフォームしたばかりの住宅を見せられたら、きっとがっかりした気持ちになるでしょうし、まして自分好みでないリフォームだったらなおさらです。

 

買う人の気持ちになって売却することが大切

 とはいえ、リフォームすることが全く無駄という訳ではありません。築年数が同じ中古住宅でも、丁寧に扱われてきてきれいな状態が保たれているのか、あるいは掃除や補修をあまりせずにきたのかなどで、住みやすさや売りやすさが異なってくるからです。

築年数が20年や30年と聞くと、ある程度の古さを想定する買主様は多いものです。その予想を良い意味で裏切るようなきれいな物件でしたら、買主様はきっと「この価格でこんなきれいな家が買えるなら、早く買わないと」と即決する買主様も現れます。

 また、売却には通常3か月程度かかり、売れない場合は値下げせざるを得ませんが、早く住宅を売却したい場合は、リフォームにより早期売却の可能性も高くなります。リフォームするのも決して悪いことではありません。

 

売却にはどの程度まで手を入れる?

あまり費用をかけずに、ハウスクリーニングや目立つ修繕にとどめておくのが、無難ではないでしょうか。風呂場や洗面所、キッチン、トイレ等汚れやすい水回りを中心に、クリーニングしておくと高評価が得られます。

また、床のフローリングやクロスの張り替えなどのリフォームは、比較的安価に出来ますのでお勧めです。汚れが目立つ場所の壁紙だけを新品に張り替えておくだけでも、家をきれいに見せる効果が期待できます。

 

まとめ

 中古住宅の査定額に最も関係するのは築年数です。そのため、築年数が経過している物件の場合は、リフォームが不動産の価値を引き上げることはあまりありません。売却前のリフォームをお考えの場合、まずは不動産会社に相談してみる事をおすすめします。

売却前のリフォームは早期売却の可能性を高めるものの、費用対効果を考えた場合、得策とは言えません。ハウスクリーニングや一部クロスの張り替えなどあまり費用をかけない方法で、住まいをきれいに見せることに力を入れるとともに、内覧時の対応などで好感度を上げるよう工夫していきましょう。

 

----------------------------------------------------------------------
ライズ不動産
〒860-0082
熊本県熊本市西区池田1-3-21
電話番号 : 096-200-6458
FAX番号 : 096-356-0820


安心のマイホーム売却を熊本市で

理想の住み替えを熊本市で実現へ

悩ましい相続への対応も熊本市で

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。